女性

白内障と緑内障の全て|視野を狭めない治療と予防

見えづらいと思ったら

目

病気だったりすることも

何となく細かい文字が見えなくなって、メガネを作ろうとメガネ屋へ行くと、眼科受診を勧められる。メガネで見えるようにならないからだという。また、運転免許の更新のときに、両目で見ても視力が0.6以下で「メガネを作ってきてください」と言われ、メガネ屋で眼科受診を勧められる。まさか病気とは思いもしなかったであろうが、そのようにして眼科にこられる方の中に多く見られるのが白内障・緑内障である。白内障は、カメラのレンズの役割をしている「水晶体」という場所が濁り、硬くなることで視力低下をきたす。外傷性白内障や他の病気を原因として起こることもあるが、ほとんどの場合は加齢性白内障である。シミやしわと同じようなものである。緑内障は、物を見るための神経「視神経」の障害で、視野が狭くなってしまう病気である。眼の中の圧力が高くなり、視神経が圧迫されて傷んでしまうことで起きる。失明の危機に陥ることも少なくない病気である。急激に圧力が高くなる場合もあるが、日本人は圧力が正常値でも視神経が傷むことがあり、正常眼圧緑内障といわれている。精密な検査をしてはじめて、緑内障に気付くケースが多く、自覚症状に乏しい病気でもある。

治療は、点眼と手術である

白内障の治療は、手術がメインである。点眼もあるが、進行を遅らせる程度のものであり、完治を求めるなら手術しかないのが現状である。白内障手術は、以前は入院して行われたものであるが、現在は日帰りでの手術がその大半を占めるようになった。濁った水晶体を超音波で砕いて取り除き、人工のレンズを眼内に挿入するという方法である。その手術の安全性は高く、さらにはレーザーでの治療も少しずつ実施され始めており、手術方法はまだまだ進化しそうである。また、眼内に入れる人工のレンズも、単焦点・乱視矯正レンズのほかに、多焦点レンズも徐々に開発が進んでいる。術後にメガネを必要としなくなる手術になるのも、そう遠くないであろう。緑内障治療は、点眼による眼圧のコントロールと手術である。点眼は「プロスタグランジン製剤」が非常によく効くことがわかっており、眼圧のコントロールには欠かせない存在となった。手術は、眼内の房水を排水するための切開を行うが、最近では眼球に器具を埋め込んで、房水を排水させ、眼圧を下げるという手術方法もできるようになった。

目の二大病とは

花

白内障も緑内障も、今ではかなり身近な病気になってきています。高齢化が進む日本ではこれからもっと患者が増えていくでしょう。これらの病気に掛からない為には、やはり日頃からできることがあれば、しっかり続けていくことが大事なのですね。

View Detail

目の異常と病気

医者

白内障と緑内障は40歳以上の中高年に多く併発する可能性がある病気です。併発した場合は同時に治療を行い視力の低下を防ぎます。特に緑内障は治療が遅れると失明の危険性があるので目の異常に気付いた場合は、早急に眼科で診察を受けるようにしましょう。

View Detail

眼の病気の特徴を知る

看護師

加齢とともに眼の機能は衰えていきますが、高齢の方には白内障や緑内障も多い病気です。初期の頃は気づかないことも多いので、定期的に眼の検診は受けておきましょう。治療は初期の頃は点眼薬が利用されることが多いですが、進行してくると外科的な治療も行われます。

View Detail